メニュー

ぜんそくについて知る

小児ぜんそくの長期管理に関する薬物療法プラン(6〜15歳)

小児のぜんそく

基本治療
治療ステップ1 発作の強度に応じた薬物療法
治療ステップ2 下記のいずれかを使用
  • 低用量吸入ステロイド薬
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬*1
治療ステップ3*3 下記のいずれかを使用
  • 中用量吸入ステロイド薬
  • 低用量サルメテロール・フルチカゾン配合剤*2
治療ステップ4*3 下記のいずれかを使用
  • 高用量吸入ステロイド薬
  • 中用量サルメテロール・フルチカゾン配合剤*2
以下の併用も可
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬
  • テオフィリン徐放製剤
追加治療
治療ステップ1
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬*1
治療ステップ2 下記を併用
  • 低用量吸入ステロイド薬
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬
治療ステップ3 上記基本治療の治療ステップ3に以下のいずれかを併用
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬
  • テオフィリン徐放製剤
治療ステップ4 以下を考慮
  • 吸入ステロイド薬のさらなる増量あるいは高用量サルメテロール・フルチカゾン配合剤への変更
  • 抗IgE抗体
  • 全身性ステロイド薬

追加治療:基本治療によってコントロール状態が改善したものの十分なコントロールが得られない場合に1か月以上の継続治療として考慮する治療。追加治療でも十分なコントロールが得られない場合はステップアップを行う。

*1:クロモグリク酸ナトリウム吸入や小児喘息に適用のあるその他の経口抗アレルギー薬(Th2サイトカイン阻害薬など)を含む。
*2:サルメテロール・フルチカゾン配合剤は5歳以上から保険適用がある。サルメテロール・フルチカゾン配合剤の使用に際しては原則として他のβ2刺激薬は中止する。
*3:治療ステップ3以降の治療でコントロール困難な場合は小児喘息治療に精通した医師の管理下での治療が望ましい。

参考: 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017

※当サイト上の情報は、利用者への資料提供を目的としたものであり、医師の診断・治療を代替するものではありません。 診断・治療につきましては、病院・医院にてご相談いただきますようお願いいたします。