メニュー

ぜんそくについて知る

ぜんそくQ&A

Q2うちの子はゼーゼー、ヒューヒューいうことがありますが、これってぜんそく(喘息)ですか?

A

息を吐くときに、子どもから少しはなれても聞こえるような強めのゼーゼーが3回以上あれば、ぜんそく(喘息)の可能性があります。

2歳未満の赤ちゃんは、気管支炎でも軽くゼーゼーすることがあります。息を吐くときに、赤ちゃんから少しはなれても聞こえるようなゼーゼーがみられたことが3回以上あり、本人にアトピー性皮膚炎があったり、ご両親にぜんそく(喘息)がある場合には、ぜんそく(喘息)が強く疑われます。ゼーゼーする場合、息を吸い込む時に「のどぼとけ」の下が引っ込んだり、普段より呼吸が速いと感じたら息が苦しい症状なので、ぜんそく(喘息)が考えられます。 赤ちゃんや小さなお子さんは自分で息苦しさを訴えることができないので、心配なときは医師に診てもらいましょう。

Drからのメッセージ

西牟田 敏之 先生(国立病院機構下志津病院 名誉院長)

ほとんどのぜんそく(喘息)の人は乳幼児期に発症し、100人中8人くらいの人がぜんそく(喘息)と診断される大変多い病気です。ぜんそく(喘息)と診断されても、びっくりしないでください。むしろ、早く診断されて、気道炎症を抑える予防薬を使い、アレルゲンを検査して原因となるものを避けるようにすれば、症状がコントロールされ日常生活を普通に過ごすことができます。早期に的確な治療を開始すれば、薬なし・発作なしの状態になる可能性も高くなります。