メニュー

ぜんそくについて知る

ぜんそく用語集

入院治療
ぜんそく(喘息)の症状が重くなると、入院してお薬や酸素吸入などによる治療が行われます。
乳幼児
乳幼児とは0歳から7歳に満たない子どものことです。
(乳児:1歳未満の赤ちゃん、幼児:7歳未満)
乳幼児医療費助成制度
一定年齢までの乳幼児の医療費を補助してくれるものです。市区町村によって、対象となる年齢や助成の内容、助成の仕方などが異なります。
ネブライザー
霧状にした少量のお薬を自然呼吸によって吸入するための器具です。赤ちゃんや小さなお子様でも確実にお薬を吸入することができます。