メニュー

ぜんそくについて知る

ぜんそく用語集

遵守(じゅんしゅ)
指示にしたがい、それを守ることです。
小児慢性特定疾患
国で指定された小児の慢性疾患のことで、気管支ぜんそく(喘息)も含まれています。ぜんそく(喘息)である18歳未満のお子様の医療費を公費負担する制度です。
ステロイド注射薬
気道のはれなどをおさえるお薬です。症状が強いときに一時的に使用されます。
スペーサー
スペーサー加圧した空気とともにお薬が噴霧される仕組みになっているpMDI(加圧式定量噴霧式吸入器)につける補助器具です。小さなお子様はpMDIでお薬を上手に吸入することができないので、この器具をpMDIに付けて使っています。
ぜんそく(喘息)
空気の通り道である気道が慢性的にはれた状態になっていて、特定の刺激によって症状が起こる病気です。
ぜんそく(喘息)の悪化要因
ぜんそく(喘息)の症状を悪くしてしまう要因として、タバコの煙やペットの毛、ハウスダストなどがあげられます。
ぜんそく(喘息)の症状
ぜんそく(喘息)の症状としてせきが長引く、ゼーゼー、ヒューヒューという音が聞こえるなどがあげられますが、強い発作の場合、息苦しい、動作が少ない、会話や食事がしづらい、夜も眠れない、などの状態になります。