メニュー

症状について調べる

上手に吸入するには

リラックスして吸入をはじめます

ネブライザーの使い方の詳細については、ご使用の機器の取扱説明書をご確認いただくか、各販売会社にお問い合わせください。

  • マウスピース使用の場合

    マウスピースを口にくわえて霧が出始めてからゆっくりと深く吸入し、マウスピースを通してゆっくりと吐き出します。

  • フェイスマスク使用の場合

    乳幼児でマウスピースをしっかり口にくわえられない場合や、なめて唾液が入ってしまう場合は、小児用フェイスマスクをつけて口と鼻を覆って噴霧し、霧が出てきたら、深くゆっくりと吸入させ、ゆっくりと吐き出させます。

うまく吸入できないときはこんな工夫をしてみましょう

自分で吸入できないお子様は不安定にならないようにしっかりと抱っこします。

  • お子様がリラックスできる雰囲気づくりが大切です。

    たとえば・・・

    • 機嫌の悪くなる時間(空腹時、眠いとき)の吸入は避ける。
    • ネブライザーに好きなキャラクターをつける。
    • 絵本、音楽、テレビなどで興味をひく。

お子様が吸入に飽きてしまった場合には、10〜20分くらい休憩してから再開してもよいでしょう。

  • お子様が嫌がってなくようなときは うまく吸入できませんので、あやしながら機嫌よく吸入させましょう。