メニュー

ご家族ができること

病院を受診するタイミング

「強いぜんそく発作のサイン」がみられたら、すぐに病院を受診しましょう

小児の「強い喘息発作のサイン」

  • 唇や爪の色が白っぽい、もしくは青〜紫色
  • 息を吸うときに小鼻が開く
  • 息を吸うときに、胸がベコベコ凹む
  • 脈がとても速い
  • 苦しくて話せない
  • 息を吐くほうが吸うよりも明らかに時間がかかる
  • 歩けない
  • 横になれない、眠れない
  • ボーッとしている(意識がはっきりしない)
  • 過度に興奮する、暴れる

「強いぜんそく発作のサイン」がある場合

すぐに病院を受診してください。 必要であれば救急車を呼んでください。 発作時の吸入のお薬を持っている場合は、使用しましょう(20〜30分毎に3回まで使用可能)。

「強いぜんそく発作のサイン」がない場合

発作時のお薬を使用し、様子をみます(吸入であれば15分、内服であれば30分くらい)。 お薬を使用しても様子が変わらない場合や悪化している場合は、すぐに病院を受診しましょう。 発作時の吸入のお薬を持っている場合は、20〜60分後にもう一度吸入しましょう。

発作が起こったときの対処法は、事前に主治医の先生と話し合っておきましょう。

参考:小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017